夏も終わり涼しくなってきた

今年も早いものでもうすぐ10月です。朝晩はかなり涼しくなってきて、汗をかくことも減ってきてる。
汗をかいた後にシャワーを浴びるのも気持ちいいので好きですが、体臭が気になってきた最近では、あまり嬉しいことではなくなってきたな。運動をすることも減ってるし。
今年の夏はローズサプリをいろいろと買ってみた
今年はローズサプリかな
いいなって思うのもあったし、どうだろうってのもあって、ちょっと使いすぎたかもしれないけど、これからの涼しい季節はちょっとセーブしたほうがいいかな。

ニキビが出来ることだけでも憂鬱なのに、その傷跡までもが長く自分を苦しめるなんて。
キビ痕によってはキレイに消し去ることが出来るというのだ。毎日行うスキンケアだが、できるだけどのプロセスも肌への負担は最小限にとどめたい。パッケージのイメージだけに騙されることもないというわけだ。若い頃から睡眠についてはかなり不規則なことが多かったように思います。しかし皮脂が詰まって毛穴が目立っている場合(詰まり毛穴)や、真皮が衰えて肌がたるんだ結果毛穴が広がって見えている場合(たるみ毛穴)もあり、このような場合は適切なスキンケアでの予防や改善が可能だという。
紫外線がちょっとは弱くなってるかもしれないけど、寒い冬こそきちんとUVクリームを塗っておきたいところだな。

楽しみをみつけたい

周りの友達なんかはこの年になっても自分の趣味を持っていて、それが出来るだけで楽しいっていってる。体を動かすことでもそうでなくても何でもいいのですが、1ヶ月に1度とかでもいいので楽しみを見つけたいところです。今年はローズサプリかなって思ってたけど、もうちょっといろいろ探し回ってみるのもいいかもしれません。
私は運動が苦手なので、頭をつかうような遊びで趣味をみつけたいかな。今から将棋とかってのも無理かな。まあ遊び程度ならいいかもしれませんが。

夏だしローズサプリかな

私のとっての夏の定番といえばローズサプリかな。毎年新しいのが発売されるとだいたいチェックするけど、今年はまだ見かけないな。楽しみにしてるんだけどね。このままだと昨年と同じのになるかな。柿渋石鹸も特に新しいのはみかけないしな。まあ私の調べ方が悪いのかもしれませんが、そんな時間ないですからね。今日はローズサプリのことではなく、スキンケアのことにしようと思う。これも夏場は特に注意したいこともたくさんありますからね。
本当に肌にとって良いスキンケアとは何だろう。まずは洗顔できっちり肌表面の汚れを落とすこと。そして正しい保湿方法で潤してあげること。これだけではないだろうか。そして季節や肌の状態に合わせてプラスアルファのケアを臨機応変に追加してあげればパーフェクトなのではないだろうか。そもそも化粧水というのも皮膚科医に言わせれば、単なる清涼感を得るための水らしい。化粧水の大半を占める“水”というのは保湿成分はあまり配合できない上、水そのものを肌に与えても蒸発するだけで内部まで浸透するものではないという。本当の保湿とは、体の外から水分を取り入れるのではなく、体の内側から湧き出る水分を肌の中で保つようサポートすることらしい。しかし加齢と共に水分を維持するための機能が衰えてきてしまうので、しっかりその点を補ってあげるというのが、保湿の本来の目的だという。
保湿というと、なんだか化粧水というイメージがありますが、サプリメントなんかでもヒアルロン酸とかコラーゲンとかってのもあって、やっぱりトータルでケアしたいところだな。